Blog

映画、「127時間」を観ました
20120912.jpg
ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ主演の
サバイバル・ヒューマン・ストーリーで、
登山家アーロン・ラルストンさんの実話を
映画化したノンフィクションです。
舞台はアメリカ・ユタ州のブルー・ジョン・キャニオン。
アウトドア大好きな27歳の青年アーロンが
一人でロッククライミングへ出かけますが、
思わぬアクシデントで大きな岩に右腕を挟まれ、
身動きできなくなってしまいます。
誰にも行き先を告げて来ていない上、
誰も通りそうにない谷間。
そこから自力で生還するまでの
127時間が生々しく描かれてます
ほとんどずっと岩場でのシーンで、
登場人物も少ないですが、
テンポがよく、最初から最後まで
ハラハラドキドキで楽しめました。
私は最後の所は直視できませんでしたが…
この映画を観て思ったのは、
当たり前ですが「水」って
本当に大切なんだなぁということ。
主人も以前山で迷ったときに、
とにかく水がないのが一番困ったと言っていました。
それにしても渓谷で遊んでいるシーンは
とても楽しそうでした。
私もあんな所で遊んでみたいような、
みたくないような…。
この映画のモデルになったアーロン・ラルストンさんは
その後も登山を楽しまれているそうです。
よっぽど好きなんですね。
by ゆみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ