Blog

昭和31年に国の重要無形文化財に指定された、
撚りのかかっていない無撚糸を織りこんだ本場結城紬。
糸を紡ぐにも数年の修行が必要と言われています
もちろん・・・もろい無撚糸を織るのにも
高度な技術が必要です
ya2168 (1).JPG
こちらの反物は、
黒に近いくらい濃い藍色と
青色に近い薄めの藍色の糸が織り込まれていて、
手織ならではの風合いと深い色合いを醸し出しています!
機械織りと違って手織りの反物は、
少し厚手で織り目が均等でないので、
独特の素材感となります!
その素材感が、趣のある表情豊かな地となるのですね~
(下の写真よりも藍の色は、濃い感じです 
織り目の雰囲気はわかっていただけるかと・・・)
ya2168 (5).JPG
1920年(大正9年)に商標登録された「結」。
こちらの証紙は、
本場結城紬の中でも最高級品にのみ許された、
「結」の証紙です
しかも男性用のアンサンブル用の反物ですので、
たっぷり22m以上あります!
女性用のお着物をお仕立いただいても、
「粋」なお召し物となると思いますよ!
(赤いフキなどいかがでしょう?(*^。^*))
こちらの商品は、ヤフーオークションに出品中ですので、
是非ごらん下さいね~♪
http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l144983230
ちいちゃん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ