Blog

萬葉 紹巴織.JPG
西陣の名門 山喜織物謹製 『萬葉』紹巴織の名古屋帯が入荷しました
紹巴とは、名物裂のひとつで千利休の弟子、 里村紹巴が所持していたところから
この名がついたといわれています
紹巴織とは、緯糸が経糸を覆うように織り上げる織り方で、
緯糸によってのみ柄が表現されています。
オレンジみのある明るいレンガ色の大変しなやかな帯地に
古典文様の中では最古に位置付けられ、
その格調の高さと高貴さから帯に織り出されることの多い
狩猟文様が目を見張るほど緻密に織り上げられています
付け下げ、色無地、小紋などのお着物に合わせていただけます。
ゆるみにくく締めやすいおすすめの逸品です。
近々、ヤフーオークションに出品予定ですのでお楽しみに。
まる子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

アーカイブ