Blog

松煙染め、赤城紬の九寸名古屋帯が入荷いたしました!

手つむぎ・手織りで、未使用のお品です。

松煙染めは、松ヤニをいぶしてできたススに膠(にかわ)を混ぜて練上げた松煙墨を

豆汁と混ぜて引染めしたもので、その淡いながらも端正な色は江戸時代には

粋のシンボルとされておりました。

真綿からつむぐのではなく、いくつかの繭から一気に糸を撚り合わせる、赤城紬の

糸ならではの、味わいある節糸が素敵な帯です。

 

ya2789

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

アーカイブ