Blog

由水十久監修、長嶋成織物謹製、「とろ金錦」の太鼓柄袋帯です。

「菊と舞う」との銘がございます。

角度や光線の加減でほんのりとしたピンク色味を感じるような、

やわらかな薄いゴールド色とシルバーの間くらいの引箔が施された正絹に、

由水十久ならではの凜とした表情の女童が満月の菊花に舞うモチーフが

細やかに織り込まれております。

織の繊細さ、精緻さは、長嶋織物ならではの逸品でございます。

 

ya2917

ya2917 (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

アーカイブ