Blog

西陣織の名門『じゅらく工芸織』謹製の六通袋帯でございます。

ほんのり茶色味があるまろやかな薄いコーラルオレンジ色の正絹に、

扇面唐花文様が金糸でこまやかに織り込まれております。

また、文様の所々に「帝王紫」の紫色があしらわれて、

文様に高貴な色味を加えております。

「帝王紫」とは

高貴な紫色の中でも、最高位の紫として珍重されてきた帝王紫は、希少な貝のパープル腺を取り出して潰してから糸や布につけてから太陽光にさらし、その色を発色させております。古来からその希少価値と発色の美しさで、「最高位の紫」「帝王紫」の名にふさわしい紫として珍重されております。

 

ya2721

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

アーカイブ